PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
タグふれんず

小粋のひとりごと

蘇我で飲むなら SAKEスタンド小粋
日本酒飲むなら SAKEスタンド小粋
2016年11月1日 火曜日 オープン!
<< 小粋のひとりごと 〜見送り〜 | main | 小粋のひとりごと ~秋~ >>
小粋のひとりごと 〜 2日違い 〜
0

    みなさん おはようございます 昨夜は飲みすぎ 二日酔いです

     

    1件目 すすきのの 鮨屋で 札幌クラッシック 生 スタート

     

    その後は 地酒 男山の純米から 調子こいて 飲みすぎました

     

    旨いラーメン 食べて 帰ろう も なぜか 2件目 ジンギスカン

     

    ここで 札幌クラッシクの瓶ビールで 再スタート 目も回りぱなしです

     

    会社の飲み会 お付き合いですね 最近はグループ飲みは どうも苦手

     

    飲むなら1人孤独に 又は 気の知れた友達と2人で 多くても会話の通る4人

     

    位が良いですね ! 1人で飲んでても 最近はすぐ 隣の人と仲良しに 

     

    それはそれで また 楽しいですね ! ところで 実は 日曜飲んだ 磐城壽

     

    とても 旨かったのですが 火曜日 飲んだら いやに 酸味が強く 米の旨み

     

    甘みが引っ込んでしまってました。一升瓶なので 同じボトル ? それとも別の

     

    日付を見たら 28.3 で やや古い 残りも少なかったので 味の変化 ?

     

    たった2日間で これだけ 味が変わる !? う〜む 日本酒 難しいですね !

     

    小粋は 4合瓶が中心になりそう 本当は一升瓶の方が 原価も安くなり お客様への

     

    提供量も増えるのですが、この味の変化が 許容範囲を超えると 心配 !

     

    きれいに熟成なら OKですが 生ひね香 は × ですね  では また

     

     

    | - | 08:41 | comments(0) | - |









    SEARCH THIS SITE.
    MOBILE
    qrcode
    RECOMMEND
    純米酒を極める (光文社知恵の森文庫)
    純米酒を極める (光文社知恵の森文庫) (JUGEMレビュー »)
    上原 浩
    著者は10年前にお亡くなりになられましたが、酒造界の生き字引的存在。先人の知恵ですな〜定価734円の文庫本。日本酒の勉強になります!
    RECOMMEND
    OTHERS